Introduction

かなで法律事務所のご紹介

かなで法律事務所はクライアントの抱える課題を適切に克服し
全ての人々が幸せになるお手伝いをいたします。

沿革

平成16年10月
代表弁護士 福岡県弁護士会へ弁護士登録
平成16年10月
代表弁護士 ひびき法律事務所入所
平成31年3月
かなで法律事務所設立
令和2年1月
見越あけみ弁護士加入
令和4年1月
渡邉牧史弁護士加入

経営理念

当事務所は、 クライアントの抱える課題を適切に克服し、社会的視野・長期的視野で良い結果を求め、全ての人々が幸せになるお手伝いをするために存在する。

解決実績

当事務所の弁護士は、これまでに多数の案件について解決をさせていただいております。少ない弁護士数ではありますが、これまでに解決してきた総数は通じて1,000件を優に超える状況となっております。

このように十分な実績を積むことができたのも、ひとえにご依頼者の皆様あってのことですし、ご依頼者の皆様の信頼をこれからも確かなものとすべく引き続き頑張ります。

得意分野

所長弁護士は、倒産案件及びマンション問題については弁護士となって以後、平均的な弁護士よりも多くの事案を解決してまいりました。また、多数の困難な事案を含めて継続して取り組んでおります。そして、交通事故分野や施設等の賠償責任の分野では、請求者側のみならず、請求される側の立場でも、膨大な数の事案の対応をして参りました。このため、一般の弁護士では困難な事案であってもしっかりとした対応が可能です。

見越弁護士は、これまで親族・相続法分野にて集中的に取り組み、一般の弁護士よりも多くの経験を培ってきております。近年では交通事故事案についても研鑽を積んできています。このため、親族関係や相続関係を中心としたでのお困り事については、これまでの経験を生かして適切な対応をさせていただきます。

渡邉弁護士は、人事労務を中心として上場企業や中小企業への助言、訴訟その他の法的手続、法務デューデリジェンス対応等を行うとともに、交通事故・施設賠償・債務不履行等の賠償責任、フランチャイズ・システム、不動産売買・賃貸借等に関する交渉や法的手続きの対応を行ってきました。今後も経験と研鑽を積み重ねて依頼者の方に安心してご相談いただけるよう努力いたします。