所長雑感

緊急事態宣言の延長

みなさま、こんにちは。

ここ福岡県では、緊急事態宣言の延長がなされ、各事業者様や市民の皆様は不安なお気持ちをお持ちのことと思います。

今回の緊急事態宣言は、通常の業務そのものについては大きな影響はありません。しかし、近時は個人での倒産事案が増加傾向にあることを実感します。事業者の皆様はさし当たり補助金や支援金・貸付等で資金繰りを行っておられるようですが、業態によっては既にかなり厳しい状況にあるものと思われます。

悩まれるようであれば、ご遠慮なく御連絡下さいね。

行き詰まったように見えても、何とか解決の糸口はあるものです。一人で悩まずにまずはお気軽にご相談いただければと思います。

まだまだ寒い日々が続きますが、ご自愛下さい。


裁判所の動き

 こんにちは。

 しばらく裁判所が業務をほぼ停止しておりました。緊急事態宣言が出されていた間は、一般的な弁論手続や判決、刑事公判手続などは全て期日が取り消しとなり、業務が停滞することとなっておりました。クライアントの皆様にはご心配をおかけいたしました。

 6月に入ってからは、北九州ではコロナの感染者が多数確認されていますが(緊急事態宣言中よりも多く確認されています)、裁判所は少しずつ手続を進め出しました。

 もっとも、未だコロナ感染リスクはありますので、例えば簡易裁判所ではラウンドテーブルを用いた準備手続で、机上に感染防止のビニールシートを設置するような対策をしていますし、地方裁判所では電話会議(本庁ではWEB会議)方式による弁論準備手続・進行協議手続にて手続を進めています。

 新しい生活様式という言葉は、どうもしっくりきませんが、皆で感染防止対応を継続しつつ、可能な限り従来の活動を取り戻していくという方針は納得がいくところですね。もっとも、未だ飲食店や、食料品等の取り扱い事業者様は、苦境に立たされている状況であることには変わりありません。

 コロナとの付き合いは、終期が見えない戦いですね。僕は、そうである以上、自然体で付き合っていける適度な対応を継続しつつ、長期戦で疲れ果てないようにしていく必要があると思っています。これまでの業務のあり方を根本から見直す必要があるでしょうし、一般のユーザーとの間の距離感もしっかりと検討をしなければならないと思います。

 コロナは恐ろしいウィルスだと思います。ただ、人類はこれまで幾多の病原菌と戦って、これらを乗り越えてきました。必ず終わりがくる戦いです。引き続き、何とか頑張っていきましょうね。

 

コロナ関連倒産件数

 コロナウィルス対応状況が続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 帝国データバンクの公表資料によると、5月22日現在で、新型コロナウィルス関連倒産は、全国で176件(単純な事業停止を含む)とのことです。ホテル・旅館が35軒、飲食店が21軒、アパレル雑貨小売14件、食品製造13件などが順に倒産をしているとのころです。他方で、今年の倒産件数(負債額1000万円以上、法的整理)が1万件を超える見通しとのことです。

 同データは、正式な破産・再生手続を行った法人や、一定の負債額以上の法人に限定したものですので、潜在的に個人商店や小規模な飲食店などは含まれていないものと思います。未だ繁華街などでも店舗の運営再開ができているところも多くないですし、再開しても来店客数がコロナ前と比較すると極端に減少してしまっている状況にあると聞き及んでいます。事業者の皆様には、まだまだ厳しい状況が続くものと予想されます。

 当ホームページでも事業者向けの支援策についてご紹介させていただいてはおりますが、十分な補償とはいえないですし、即時性があるわけではないものが多く、資金繰りに困っている事業者の方も多くいらっしゃると思います。

 当事務所でも、ZOOM等による相談も実施しておりますので、今後の対応についてお気軽にご相談いただければと思います。

事務所ホームページについて

5月だというのに、天候がすぐれない日が多いですね。

そのような時に、私は気が向くとこのホームページをいじっています。

当事務所のホームページは、所長がホームページビルダーというソフトを使って自作しているのです。従来のものより、現在のものの方が、1年経過するとやや見栄えがするものとなっています。

もちろん、専門の業者さんにお願いすれば、しっかり、きれいなものを作成してもらえることは分かっているんですよ。でも、自分は(元プログラマーという意地もあるのでしょうか)自分でできることはまず自分でやってみたいのです。

自分の手に負えなくなれば、専門業者さんにお願いしましょうか。

自宅でもDIYで壊れた箇所を修理(バルコニーの板の張り替え・塗装)したり、事務所のLAN配線を自分で設置したり、いろいろやってしまいます。好きなんですよね。

それから、他の方のお仕事みてたら、ついついやってみたい!って考えてしまうんです。

うちの事務所も少しずつ、何かが変化していくかもしれませんね。

緊急事態宣言の解除

昨日、緊急事態宣言が福岡県も含めて解除されましたね。

みなさん、それぞれの立場でそれぞれの思いがあるかと思います。

弁護士の私としては、まず「ようやく裁判が動き出す」と思いました。というのも、この緊急事態宣言が出されてから、裁判所はほとんどの期日を取り消しとし、期日の予定を入れない状態としていたのです。弁護士としては、裁判を中心とした仕事をしていますので、いきなり大量の予定が「未定」になってしまったのです。

経営者としては、もちろん弁護士報酬等の売上の減少という問題もあります。他方で、従業員にどのような仕事をしてもらうか、感染リスクを回避しながら通常業務はできるか、いざ感染リスクが生じた場合にどのような対処をすべきかなど、悩みながらこの時期を過ごしてきました。

皆様それぞれのお立場で、ご苦労があるはずです。世界中で生じた苦難ですので、なんとか協力して頑張っていきましょう!