事業の継続ができるか不安です。

資金繰りの状況を確認した上で、早急に対応できる手段がないかを弁護士と一緒に考えましょう。方針が定まってからではなく、どのような方針で進めるべきかを検討する段階で、弁護士の法的アドバイスがきっと役に立ちます。

抱える不安を一緒に解消しましょう。

2020年04月30日